おすすめビジネス書レビュー

仕事への向き合い方が変わる本を紹介します

安宅和人著「シン・ニホン」

今更感があるけど、本書を一冊通して読んだ事がまだなかった。最近ブログ用にどういう本を読もうか悩んでいたので、何もせず時間を無駄にするくらいなら、ということで本書を改めて読んでみた。本書「シン・ニホン」は、2020年に発売された本だが、本書の内…

谷原誠著「いい質問が人を動かす」

面白い本だった。仕事に限らず日常生活でも、誰かに質問する、ということを当たり前にやっているだろう。ただ、質問の仕方をできるだけ洗練しよう、と日頃から心がけている人はそんなに多くないはず。本書の著者は、弁護士として仕事を行う中で、いい質問を…

管理人の転職体験談(コロナ禍の転職でした)

自分が転職を考え始めたのは、よくある話だが、子供が生まれたことがきっかけだ。それまでは、割とガツガツ仕事をしたいタイプだったので、平日は23時くらいに帰宅して、土日祝日は18時とか半日くらいまで仕事をする、というような働き方だった。これだけみ…

佐藤可士和著「佐藤可士和の打ち合わせ」

佐藤可士和さんというと、広告が専門でない自分でも、テレビなどでその名前を聞いたことのある有名人だ。一応、wikipediaで佐藤さんについて調べてみると、これまでにユニクロ、楽天のロゴや、SMAPのCDジャケットなどをはじめとして、他にも有名企業やテレビ…

黒田真行著「転職に向いている人 転職してはいけない人」

本書は、かつてリクナビnextの編集長であった著者が、転職がうまくいく人、いかない人、という軸で、転職について語った本だ。本書の目次は以下の通りだ。 第1章 転職を決断する前に知っておいてほしいこと 第2章 転職に向いている人・向いていない人 第3章 …